三橋たつお公式ブログ

岐阜市をやさしくあたたかく

残すべき物、伝えて行くべき事

 自民党ぎふ政治塾の第1期第3回講座は、東日本大震災の発生した2011年、11月12日に開催されました。自民党が国政では野党の時期です。

 第1部の講座は、静岡県選挙区選出の参議院議員岩井茂樹先生に「『現場監督から政治の道へ』~なんで議員になれたのか~」をテーマにお話しいただきました。

 岩井茂樹先生は、民主党への風が強く吹いていた2009年に参議院静岡選挙区の補欠選挙自民党の公募候補として出馬。その際の惜敗率によって翌2010年の参議院選挙でも自民党公認として立候補され、見事当選された先生です(講義ノートの先生の発言から抜粋)。

 講義は、当時の国政に加え、御自身の初当選に至った経緯を事細かにお話しいただいたと記憶しています。

 中でも私が鮮明に覚えているのは、先生が当選前の政治活動から今なお続けて使われているキャッチフレーズの「保守一徹」という言葉です。
 その言葉に関する思いについては岩井茂樹先生のホームページなどに詳しく掲載されていますのでご興味のある方はそちらをご覧ください。

                 ※ ※ ※

 「保守」という言葉は、マスコミにおいてもここ数年はあまり使われていないように感じます。
 1955年、自由民主党は秩序の中に前進を目指す保守政党としてスタートし(立党宣言)、現在に至っています。
 情報リテラシーに関連して、信頼性の点でとかくやり玉に上がるwikipediaで「保守」を検索すると「保守または保守主義とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語。保守と保守主義では意味において若干の相違がある。」などと出てきます。
 今の自民党の「保守」は、wikipediaの表現とは後半部分がまったく異なり、「従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重しつつ、時代の変化に応じて日本をより良くする『ゆるやかな』改革を続ける」ものであると私は理解しています。
 ともあれ、保守政党である自民党が、戦後の日本をリードし、国の発展を導いてきた点は紛れもない事ではないでしょうか。

残すべき物、伝えて行くべき事

 ところで、かなり以前の話になりますが、旅先の宿で見たTV番組で、沖縄県に住む高齢の男性がインタビューに答えられているのを見ました。
 その男性は、
 「私がかつて住んでいた集落の一部は、今は米軍基地となっている」
 「その米軍基地内に、集落にとって重要な心の拠り所である拝所がある」
 「米軍はその拝所をそのままの形で残し、年に1回程度であるが、かつての住民はその拝所へ立ち入る事ができる」
 「これが日本の企業などであったらどうだろうか。おそらく拝所は破壊するなどされ跡形も残っていなかっただろう」
 「実際、沖縄では、民間企業などが土地を取得してビルなどが建ち、昔の面影がすっかり姿を消し去られた場所が数多くある」
 といった事を述べ、基地問題がどうこうではなく、『とかく経済優先となりがちな日本の在り方』に問題提起をされていました。

 私は、この男性の声を、「残すべき物、伝えて行くべき事のある」重要な戒めとして、決して忘れないようにしたいと思っています。

 

 第2部のディベート実践セミナーでは、金子一也松下政経塾政経研究所所長(当時)に訓示をいただいた後、前回に引き続きグラフォロジーコンサルタントの丸山静香先生に教えて頂きました。

f:id:akarui_mirai:20181206172907j:plain

塾生として聴講した2011年10月30日開催の麻生太郎先生の講演会(瑞穂市

f:id:akarui_mirai:20181206173150j:plain

野党の時期でありましたが、会場は大変な熱気に包まれていました

f:id:akarui_mirai:20181206173304j:plain

後日、麻生先生と

※「政治塾で学んだ事」は、私が当該政治塾で学んできた事を私個人の記憶にもとづき記述したフィクションの一種です。記載内容は講義内容などに関する私の主観的な回顧と感想であり、真実とは異なる部分も多々あろう事をご容赦ください。